こんばんは、しらきです。
プリキュアドリームナイト参加してきました!
夜の21:20から朝の6時まで、プリキュア漬けの夜を過ごしてきました。
キャストトーク最高に楽しかったです。行ってよかった。今回は深夜イベントで女児不在で大友ばかりだからって、藤田さんいつもどおりのテンションで最高でしたw

イベント詳細

新作映画公開記念!『プリキュアドリームナイト!』開催決定! | 東映[映画]
http://www.toei.co.jp/release/movie/1209360_979.html

上記サイトから引用:

■日時
3月25日(土)21:20~の回
■場所
新宿バルト9 シアター9
■詳細
21:20~
「キラキラ☆プリキュアアラモード」キャストによるトークイベント
21:50頃~
『映画プリキュアドリームスターズ!』上映
『映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』上映
24:20頃~
スタッフによるトークイベント
25:00頃~
『映画魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』上映
『映画プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』上映
『映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』上映
『映画プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』上映
※途中休憩をはさみ、イベント終了は26日(日)AM6:00頃を予定しています。
■登壇者
□「キラキラ☆プリキュアアラモード」キャスト
美山加恋、福原遥、村中知、藤田咲
□スタッフ
宮本浩史(監督)、坪田文(脚本)、鷲尾天(プロデューサー)

それでは今回も、藤田さんを中心に感想を( ◜◡◝ )
キャストトーク、スタッフトーク、劇場版の感想の順に書いていこうと思います。

ミラクルサクライトもらったよ!!!!!!!!!!!

今回のイベントの密かな楽しみ、通常は中学生以下のお子様しかもらえない「ミラクルサクライト」が配布されたのです!!!!!!!!!!!!!!!
もちろん手に入れましたよやったー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

念願のミラクルサクライト!!!!!
念願のミラクルサクライト!!!!!

キャストトークの時に、福原さんが「みなさんライトもらったんですよね、大人なのに」「(自分も観に行ったけど)もらえなかったからずるい」って言ってて可愛かったw

福原さん「みなさんライトもらったんですよね、大人なのに」
村中さん「ちょ!なんてことを!」
藤田さん「大人のくせに、って?w」
福原さん「私も観に行ったんですけどもらえなかったから、みんなずるいなって」
藤田さん「そうよ、そういうルールだからね(諭すように)」

確かこんな感じで。
このやり取り良かったなあw
ここ最近の舞台挨拶を観てて感じたけど、福原さんて割りと大友に向かって辛辣なこと言うよねw
今回も「(大友ばかりだから)客席がぎゅうぎゅうに見える」とか言ってたしw
声と話し方が可愛らしいので、そのギャップが余計に際立って好きです。
そしてそれを諌める藤田さん、という流れも定番化してて好き( ◜◡◝ )

あとせっかくライトをもらえたからってことで、美山さんが音頭とって「プリキュアー!!がんばれー!!!」の合唱をみんなでしましたw

美山さん「みんなー!応援してー!!」
大友「プリキュアー!!!!!頑張れー!!!!!(野太い声)」

これ言えてすごい楽しかったw
さすがに上映中にはなかなか言えないしね…

ちなみにこのライト、電池交換はできないので電池が切れたらそれまでみたいです。
プリキュアとは儚い夢なのか…まあライトは毎回新しくなるから使いまわす必要がないからなんでしょうね。
とりあえず次に映画見に行くときは持っていこうーっと( ◜◡◝ )

パティシエ服最高に可愛かった!!!!!!!!!!

今回のキャストトーク、キャストの皆さんのパティシエ服姿が観られて最高に眼福でした( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

これなーーーーーーーー( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
最初にプリアラのキャストが発表された時の衣装ですよまさか着てる姿をこの目で拝めるんて思わなかったので本当に嬉しかったですやったーーーーーー!!!!!!!!!!!!

↑の写真だと足もとが写ってませんけど、中学生組はスニーカーで、高校生組はヒールを履いてたんですよね。
多分、並んだ時に両脇の高校生組が大きく見えるための配慮なんでしょうけど、藤田さんちっちゃいからヒール履いてもようやく中学生組と同じくらいなのほんと可愛い( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
見た感じ結構高めのヒール履いてたので、最初登壇した時ちょっと歩きにくそうにしてたこともなんだか可愛かったです。

キャスト発表時の写真はこれですね。
こっちだと足もとも写ってますね。多分同じ靴履いてたと思います。
キャストさんたちもこの衣装を着るのはこの時以来で2回めだったようです。

今回藤田さんすっごい綺麗だったな-。
いつもは「可愛い」が先行するんですけど今回はなんだかものすごく綺麗だなあと感じました。
普段よりゆかりさん成分多めだったからかな?w
トーク中ところどころゆかりさんとして喋ってる時あったし。
髪もそれに合わせて伸ばしてたんだろうし、毎回こうやって役に寄せてくる努力は凄いなあと思います。

あと藤田さんやっぱり華奢だなあって思いました。
肩幅狭いし足細いし顔小さいし、全体的に華奢ですよね。
ホムラジイベントで後ろ姿を見た時に「え、ちょ、藤田さん折れそう、え、大丈夫えっ」ってなったのを思い出す…
それでもすごく元気で楽しそうで今回もみんなをまとめていて、改めて素敵な人だなあと思いました( ◜◡◝ )

「今日は女児がいないのでいつも通りで頑張りまーすw」

これは最初の自己紹介の時の藤田さんの台詞ですw
この台詞の通り、今回は深夜イベントで女児がいないせいもあって、皆さんかなり肩の力が抜けてて自由にトークされてる印象でした。
まあそりゃあ、女児もだけど親御さんの前では言いにくいこともたくさんあるよね。

特に今回村中さんが冒頭からめっちゃテンション高くて、藤田さんの笑いのツボにハマったらしく、村中さんが喋ってる時藤田さんずっと笑ってましたw
あまりにずっと笑ってるから村中さんに「なににやにやしてんの!」って突っ込まれたり「人の話を聴けーい!」って怒られたり、すごく仲よさげで観てて楽しかったです。
今日の8話でもゆかりさんあおいちゃんに突っ込まれてたし、シンクロしてるなあw
逆に藤田さんの方から「こら、とも!」って笑いながら突っ込んだりすることもあって、ものすごくいいコンビ感でしたw

プリアラチームの距離感がぐっと近づいている感じがしました

今回全体的に、キャストの皆さんの距離感が以前よりもぐっと近づいている感じがしました。
藤田さんのブログを見ていると、プライベートでも遊びに行ったりしてるっぽいですもんね。

今回特に印象的だったのが、藤田さんが全員を名前呼びしていたこと。
森さんの「なな子」呼びはブログでもしてましたけど、実際呼んでるの聴くのは初めてだったかも。
藤田さんが「なな子、なな子」って呼んでいてなんだか不思議な感じがw

あとは美山さんは「加恋」、福原さんは「遥」、村中さんは「とも」か「ともちゃん」て呼んでました。
他の方はあんまり名前を呼ぶことはなかったけど、藤田さんはことあるごとにみんなの名前を呼んでいたので、意識的に呼んでるんだろうなあと感じました。
やっぱり名前を呼ぶってそれだけで親しみを感じるし、呼び方が変わればなおさらですよね。
こういうところの気遣いができるから、どんどん交友関係が広がっていくんだろうなあ…凄いなあ。

他の皆は藤田さんのことなんて呼んでるのか気になるな~~~~~
美山さんは最初の記者会見で確か「咲さん」て呼んでたけど、福原さんのラジオでは「藤田さん」になってたし。
あと森さんは確かブログだかTwitterだかで「咲ねえ」って書いてたなあ。
実際呼んでるのかなあ。呼んで欲しいなあw
村中さんはどうなんだろ?仲よさげだからなんて呼んでるのか気になるw

今後のプリアラチームに期待!!!

「…怒ってるわよ?」

今回女児がいないことで一番はっちゃけていたのはこの部分かとw
「映画に出たキャラで他に演じてみたいキャラはいますか?」と言う質問で、美山さんが「あきらさんに壁ドンされてた子(ゆいちゃん)になりたい」と回答したところからの流れが神がかってたw

福原さん「(森さんに壁ドンを)やってもらったら?」
美山さん「や、えっ!?」
大友「フゥウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!」
藤田さん「えっ、やるの?w」
福原さん「じゃあ私壁になる」

これwww
確かこんな感じだったはず。はず!!!!
おとなしめながらも珍しくぐいぐい来る福原さんのアシスト具合が素晴らしかったw
てか「じゃあ私壁になる」ってwwwww
実際の壁ドンの様子は↑のEdge Lineさんのツイートの画像を御覧ください( ◜◡◝ )

でもって、壁ドン後…

美山さん「嬉しい!」
藤田さん「…」
村中さん「…あっ、(藤田さんを指差す)」

全員藤田さんを見る

藤田さん「…怒ってるわよ?」(ゆかりさん的ポーズ)
森さん「ごめん、ゆかり!(迫真)」

この流れ最高でしたありがとうございますありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
この時の藤田さんのポーズが、上手く説明できないんですけど完全にゆかりさんで素晴らしかったです。
あと藤田さんがこの台詞言った時、一部で黄色い歓声が上がってた気がするw
おいおいどこかに紛れ込んでるなあきゆか勢が!!!!!!!!!!!!!!!(私もです)

この後、福原さんが「じゃあもう一回(藤田さんも)やる?」と言う素晴らしいアシストをしてくれたんですが、残念ながら実現には至りませんでした。
まあそこまでやっちゃうとね、あれよね、死人が出ちゃうからね。脳内だけに留めておかないとね。
ちなみにこの時も福原さんは壁役やるつもりでスタンバってましたw
藤田さんに「どうしても壁になりたい子がいるw」って言われてて笑ったw

福原さんおもしろ可愛いなあ。御本人は割りと大真面目なところが余計に可愛い。
福原さんと藤田さんて隣同士なことが多いから、福原さんのこういうちょっとおとぼけ的なところを藤田さんが可愛がってるところも観てて伝わってきて微笑ましかったです。
長女と末っ子って感じのやり取りが可愛いんだよなー( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

「(高校生組が)色々と期待されてるのは知ってるわよ!」

ゆかあきと言えばこちらもw
「高校生組として演じる時に気をつけていることはありますか?」と言う質問の流れからの藤田さんの台詞。

藤田さん「歴代の中でも高校生二人が同時にっていうのは初めての布陣なので」
藤田さん「(そういう意味で高校生組が)色々と期待されているのは知ってるわよ!」
森さん「はい、分かってます」

これはさすがに女児の前では言えないwww
大友は盛大な拍手を贈ってましたけどw
さすが、「女の子を好きになる女の子をよくやってる」藤田咲さんだな!!!!!!!!
まあこの辺の対応はゆるゆりでも艦これでも慣れたもので。
冒頭で言ってた「いつも通りで頑張る」ってこういうことかよ!とw

こういうのが聴けちゃうから現場に行くのやめられないんですよねぇ…楽しかったなあ。
他にも色々あったとお思うんですが、キャストトークで思い出せる限りではこんな感じで。
とにかくキャスト陣の皆さんがすごく仲良くなってるなーという印象でした。
本当に「チーム」と言う感じで。
これからまだまだ放送は続くし、今後もすごく楽しみです( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

スタッフトークは制作裏話がたくさん聴けて面白かったです。

スタッフトークでは、事前に募集した質問からピックアップしてどんどん質問に答えてもらうという形式でした。
皆さん各々「プリキュア」に対する熱い思いがあるんだなあという感じで、聴いていてすごく面白かったです。

一番印象に残っているのは、やっぱり「映画の企画が始まった時プリアラ勢の設定は「5人」以外ほぼ決まってなかった」ってことですかね。
キャラ設定がほとんどない状態から作り上げるって凄いなあ…

以下、覚えている限りを箇条書きで:

映画制作にあたって

  • 宮本監督曰く、大変だったのはやっぱりスケジュール
  • あとはやっぱりプリアラ勢の設定が全く決まっていないまま制作を進めるのが難しかった
  • 映画の企画が始まった時、最初の打ち合わせで宮本監督がすでに世界観のイラストやサクラとシズクの設定などを持ってきていたのでそのまま決まった
  • 坪田さん曰く、脚本もプリアラ勢のキャラは全くわからないまま書いていた
  • 名前もないからホイップのことは「ピンク」、いちかのことは「うさぎ」、と書いていた
  • あまりに決まっていないことが多すぎて一度会議が物凄く荒れたことがある
  • その時、鷲尾Pがめちゃくちゃ嬉しそうな顔で「会議らしくなってきた!」と言っていた
  • 鷲尾P曰く、「この時にこの映画はぜったい良いものになると思った」とのこと
  • 宮本監督曰く、キャラ設定が固まる前はああきらさんの壁ドンシーンはもっと凄いものになるはずだった
  • あきらさんがもっとイケイケキャラだった

宮本監督:CG制作にあたって

  • 宮本監督曰く、今のコンピュータのスペックでは同時に10人を動かすのが精一杯
  • それ以上は同時に読み込めないため難しい
  • 映画での12人は、別々に取り込んだものを合成して動かしている
  • コンピュータの性能が上がればもっと大人数も可能になるかも

坪田さん:プリキュアの脚本を書くにあたって

  • プリキュアシリーズがとにかく大好きでいつか脚本として参加したかった
  • こんなに早く鷲尾Pに呼んでもらえるなんて思っていなかった
  • プリキュアシリーズは大学院生の時にプリキュア5を観て大好きになった
  • そこから全シリーズ観るようになって、今回も映画の脚本を書くにあたってGoプリとまほプリは観返した
  • 脚本を書く時は自分の中のリトルプリキュアに「こんな時ならどうする?なんて言う?」と問いかけながら書いている

坪田さん:質問「プリキュアの一員になれるとしたらどのシリーズに参加したい?」

  • プリアラ世界の一員になってゆかりさんに撫でてもらいたい
  • どれだけ「ポイントが分かってる」のか知りたい
  • ↑に対して鷲尾P「それペコリンになりたいってことじゃんw」

坪田さんはプリアラ5話のゆかりさん登場回の脚本も書いてくださったからか、ゆかりさんに色々言及してくれて嬉しかったですね。

スタッフトークにもゆかりさん登場w

質問は事前のTwitterでの募集と、会場アンケートでの募集だったんですが、ここでもゆかりさん登場してました。

司会「次の質問は…『いちご山在住のゆかりさん』からです」

ざわつく会場www
これ、名言はされなかったけど藤田さんが書いた質問ってことだよね?違うのかな?
ちなみにこの後、同じく「いちご山在住のいちかさん」からも質問が来てましたw

ちなみにゆかりさんからの質問は:

鷲尾P・宮本監督:質問「ゆかりさんに怒られるとしたらなんて言われたいですか?」

なんだこの質問wwwww
それでも真面目に考えてくれる監督と鷲尾Pw

鷲尾P「別室に呼び出されたい」
宮本監督「皆の前で公開処刑して欲しい」

ちょ、文字で書くとかなりアレですけど現場の空気はもっとマイルドでしたよ!!!!!!!!!!!(必死のフォロー

坪田さん:質問「(↑のシチュで)怒る時のゆかりさんの台詞を考えてください」

これまた無茶ぶりwwwww
坪田さん、ものすごーーーーーーーーく考えて答えてくれました。

坪田さん「(鷲尾Pのシチュは)これからもプリキュアシリーズ続けてくれないとダメなんだからね」
坪田さん「(宮本監督のシチュは)プリキュア新聞、読んだわよ。…はるはるが好きなんだって?」

確かこんな感じだった気がする!!!!!!!!!!!!!
ちなみにプリキュア新聞のくだりは、宮本監督がインタビューでプリアラ勢の中だとカスタードが好き、って答えてたからかな?
…と思ってプリキュア新聞を見返してみたんですけど、特に言及してなかったなあ。
でも確かにどこかで見た気がするんだけど…どこだったかな?
まあそんな感じでした(雑

↑の回答を受けて司会の方が「どうか関係者の方、『いちご山在住のゆかりさん』に伝えてください!」言ってくれていたので、きっとどこかで伝わるでしょうw

いちかの質問は何だったかな…これも結構な無茶ぶりだった気がするんですが、すみません忘れてしまいました…
思い出したら追記します。
とにかく、スタッフトークも濃い話が聴けてものすごく面白かったです。

鷲尾P、宮本監督、坪田さん、素敵な作品をありがとうございました。

劇場版の感想

今回は、ドリームスターズの他にもたくさんプリキュア映画を観たわけですが、やっぱりどれも練りに練られた作品なだけあって完成度高くて見応えがありました。
子供向けで一作品の上映時間も長くないし、ほぼ「常にクライマックス」状態でした。
朝の6時までってどんだけよ…と思ってましたけど、以外なくらいあっと言う間でした。

つか、GoプリとまほプリのCG映画を観て「今のCG技術SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!」ってなりました。
ドリームスターズのCGも凄いなって思ってたんですが、あれの凄さは逆にCGなのにアニメに寄せられているところが凄いんでしょうね。
特にまほプリの、キャラの肌の質感とかモフルンのぬいぐるみの質感とかそういうのがやばかったです。
今の子供ってこんな高レベルなCGアニメ観てるのか…凄いなあ。

『映画魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』

作品としては、やっぱりまほプリの映画がすごく良かったです。
事前にかなり評判がいいとは聴いていましたけど、予想以上でした。

でも一番テンション上がったのは、モフルンの高度過ぎる戦闘シーンw
なのはばりの熱い戦闘シーンで、あああいシーンが大好きな私は思わず「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」ってなりましたw
特に何本ものほうきを継ぎ矢みたいにして敵に打ち込む時のあの流れ!!!!!
あのシーンめっちゃくちゃかっこよかった!!!!!!!
音楽もすごく良くて、テンションを上げるのに一役買っていたと思います。
あのシーンだけでももう一度見たいくらい。
モフルンかっこよかったなあ…

オールスターズDXの熱さはやっぱり別格でした。

あとはオールスターズDXはやっぱりもう、クライマックスで歴代のプリキュアのOPテーマが次々と流れるあのカタルシス、あの流れ最高にヤバイですね…!!!!!!!!
特に初代様は、イントロの「マーーーックーーースハーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」を聴くだけで胸が熱くなると言うか泣きそうになるというか。
あれが来るだけで「これで勝つる!!!!!!!」と思えるあの頼もしさw
やっぱり初代様の貫禄凄いわ…

あと、個人的にオールスターズDX2のEDのライブシーンがめちゃくちゃ好きでして、今回あれを劇場で観ることが出来て本当に嬉しかったです。
歴代のプリキュアが次々と自分たちのテーマに載せてライブ会場的なところで踊るあれです。
あれほんとに好きなので…いいなあ、あのシーンの観客になりたいってプリキュアに向けてミラクルサクライト振りたい……

…ああいうの、プリアラ勢もやってくれないかなあ(期待

まとめ:文字通りの「ドリームナイト」でした( ◜◡◝ )

という訳で、いつもながら無駄に長い記事になりましたけど、それぐらい濃い一夜でしたということで( ◜◡◝ )
本当に行って良かったです。
「プリキュアは毎年あるけど、プリアラは今年しかないんだよ!」と背中を押してくれた友人に圧倒的感謝。

ドリームナイトが6時過ぎに終わって、本当ならすぐに帰宅してエクストリームプリキュアしたかったんですけど、さすがに地方在住だと無理なので;
プリアラ8話は帰宅してから録画で視聴しました。
そっちの感想もまた書きます!!!!!!

それでは、また!!!!!!!!