こんばんは、しらきです。

キュアマカロンこと琴爪ゆかりさん、6/11のお誕生日おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

高校2年生だから作中では16歳から17歳になるのかな?
17歳って個人的に10代で一番ステキな響きだと思うんですけど(妄想的な意味で)、17歳のゆかりさんはどんなゆかりさんになるんでしょうね。
きっと誰もが羨む圧倒的琴爪ゆかりとして今後も君臨していくんだろうな。

という訳で、せっかくのゆかりさん聖誕祭を盛大にお祝いしたいなあと思いまして。
これまでのプリアラ18話の中から、個人的に好きなゆかりさんのシーンをまとめてこれまでのゆかりさんのあゆみを振り返ってみたいと思います。
はい、いつもながら私だけが楽しい企画です( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
ただし、好きなシーンを全部上げるとさすがに次のゆかりさんの誕生日なってしまうので、各話で一つに絞りたいと思います。
(絞りきれるか自信はないけど…;;)

それでは、参りましょう。

しらきプレゼンツ!

「琴爪ゆかりさんのここが好き!」 in ゆかりさん聖誕祭!!!!!!!!!!!!!!!(CV:おからじ343回の藤田さん)

第1話:マカロン雲に嬉しそうなゆかりさん( ◜◡◝ )

はい、第一話はこちら。
ってか、第一話はゆかりさんの出番ここだけですけどw
でも最初に観た時からこのシーンの「あら、マカロン?」の、ちょっと嬉しそうな声がすごく好きなんですよねぇえ。

5話でマカロンに興味を持ったところをいちかに「大好きになるかもですよ」って言われて、まだピンとこない顔をしてたゆかりさんでしたけど、やっぱりもともとマカロン好きだったのかなー。
16話の「茶道が好きなのね」発言と言い、ゆかりさんって別に「好き」の気持ちがないわけじゃなくて「好きが分からない=気づいていない」だけなんだろうなあと思っているので、1話のこのシーンもそんな感じがして観ていて微笑ましくなります。

思えば、ここから始まるわけですよねぇ、ゆかりさんの大冒険が( ◜◡◝ )
改めて観ても、とても感慨深いシーンだ……
ゆかりさん、ここからたくさんの「面白い」ことが待っていますよ!!!!!!!!!!!!!!!( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

第2話:番外編:OPのゆかりさんの自室に〇〇が…

続いて2話。
…ただし2~4話はゆかりさんの出番がないので。
ここでは番外編としてOPのゆかりさんの好きなところを( ◜◡◝ )

って、「各話一つずつ」とか言いつつ早速複数あってめっちゃくちゃ迷うんですけど!!!!!!!!!!!!!
うーん、強いて一つだけに絞るなら、冒頭の鏡の前で一人ファッションショーしてるゆかりさんのシーンかなあ。
何が好きって、あのシーンで映ってるゆかりさんの部屋(だよね?)に、2話の敵であるプルプルとか、3話の敵であるホットー的なのがいるところですよ!!!!!!!!!!!!!!!
最初気づいた時、「他の子のシーンにも紛れてるのかな??」と思って探してみたんですけど、いないんですよね。

あれって…もしかして、ぬいぐるみ…?
琴爪ゆかりさんの部屋にもしもぬいぐるみ的なものが置いてあったとしたら、なにそれめちゃくちゃ可愛くないですか…!!!!!!!!!!!!!
どうなんだろうなー、気になるなー。
これまでにゆかりさんの家は出てきたけど、まだあのオープニングの自室っぽいのは出てきていないと思うので、今後のエピソードに期待したいと思います。
ゆかりさんのお部屋拝見、楽しみだ( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

第3話:番外編:EDの一瞬に垣間見えるゆかりさんの

という訳で、3話もゆかりさんの出番はないので、今度はEDのゆかりさんで好きなシーンを。
このEDも、マカロンさんVer.の方を聴きすぎてしまったせいで耳がマカロンさん仕様になってしまって、テレビで本家を聴くと「そう言えばそうだった…」ってなるようになってしまいました。
順調にマカロンさんに飼い慣らされているようで( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

で、EDのゆかりさんで好きなシーンですけども!!!!!!!!!!!!!!
実はマカロンさんの表情でめちゃくちゃ好きところがあってですね、どこかと言うと、

失敗でステップアップ 一緒ならハッピー

の、最後の「ハッピー」のところのマカロンさんです!!!!!!!!!!!!!!!!!

…あそこのマカロンさん、妙な色気がないですか…エロくないですか…やばくないですか…
ポーズ自体はどっちかと言うと可愛い系なのに、なんであそこ一人だけあんなエロい顔してるんですかね……ああはい分かってます、私の心が汚れてるんですね…!!!!!

EDはパルフェの登場とともに新しくなるみたいなので、次のEDのマカロンさんも楽しみですねー。
またエロい素敵な表情を期待しております( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

第4話:ゆかりさん笑いの沸点低すぎ問題。

さあいよいよ第4話ですよ!!!!!!!!!!!
本編ラストと予告でゆかりさんが登場!!!!!!!!!!!!!

4話のゆかりさんで好きなところはもちろんここしかないです。
いちかの「ホイップ・ステップ・ジャーンプ!」で思わず笑ってしまうゆかりさんwww
事前にキャラ設定を見て「ゆかりさんてどんな人なんだろうな~~~~」と妄想を膨らませてはいたんですけど、まさか「ホイップ・ステップ・ジャーンプ」で笑ってしまうちょろい人だったとはwww
まあこの後、5話だったりで「面白い」に貪欲なおもしろハンターだってことが徐々に判明するわけですけどもw

あとあのシーンは作画が凄いですよね。
直前の中学生組のシーンと比較すると「別アニメかな?」ってぐらいに作画の方向性が違う気がする。
さすが、中学生から高校生になると作画まで変わるのか…凄いな……

なんだか、改めて観返してみると、当時のことを思い出しますね。まだそんなに昔じゃないけどw
ゆかりさん登場回を前に、ラストシーンと予告を何度も観返してはそわそわしていたあの頃……
蓋を開けてみればゆかりさんは本当に素敵なキャラだし、今や毎週ニチアサにテレビの前で正座するのが楽しみで仕方ないです( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
そしてこれからもそれが続くと思うと、本当に幸せですね。
うん。ありがたいことだなあ。
ゆかりさん、ありがとう!!!!!

第5話:伝説の始まり。

きたああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!
ついに5話!!!!!!!!!!!!!!ゆかりさん登場回ですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

5話のゆかりさんで好きなシーン…って、5話はもうすべてがアニバーサリー過ぎて全部好きなんでとても一つに絞りきれないんですけど……
いちかのダジャレに鷹笑いしちゃうゆかりさんも好きだし、マカロンづくりに誘われて「それ、面白い?」って食い気味に訊いちゃうゆかりさんも「はい、とっても!」の返答でほいほい釣られちゃうちょろいゆかりさんも好きだし、マカロン作りがうまくいかなくてムキになる意外と子供っぽいゆかりさんも好きだし、突然現れたスイーツパクトに驚くどころか「面白いわ!」の一言でプリキュアになることを受け入れちゃうという器のでかさを見せつけるゆかりさんも好きだし……

でも強いて、本当に強いて一つに絞るとしたらやっぱり戦闘シーンのマカロンさんですかね!!!!!!!!!!!!!!!!
登場回補正とは言え、あの余裕たっぷりな戦いぶりと敵を翻弄するようなスタイルにはめちゃくちゃテンションが上りました。
特に変身直後の、マキャロンヌのパンチを肩の力抜けきった状態で片手で受けるあのシーン!!!!!
あの強キャラ感、最っっっっ高にかっこよくて大好きです。
5話の戦闘シーンは本当に、戦うマカロンさんのカッコよさと美しさが詰まったシーンですよね。
「CAT MEETS SWEETS」との相性も最高でした。

あとこれは完全に藤田さんの声オタとしての感想ですけど、個人的に藤田さんの凛々しい御声がとてもとても好きなので、マカロンさんの戦闘ボイスは本当にどれもこれも最高にツボなんですよ…
これも何回も言ってますけど、特に5話の戦闘シーンの「覚悟はいい」のボイスが本当に本当に好きでして…!!!!!
あんな声で言われたらいつでも覚悟完了しちゃいますわ。
むしろ覚悟させてください!!!!!!!!!!!!!!!!!
よろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(?)

第6話:影で見守るゆかりさん。

続いて第6話。あきらさんの登場回ですね。
この時は、本編もですけどそれ以上にOPで流れた劇場版のあきらさん壁ドン→ゆかりさんのジト顔で一部地域が大盛り上がりした記憶がww
今観返しても、やっぱりここのゆかりさんの表情最高ですねw
速く劇場版の円盤の発売日にならないかなー。一応予約はしてあるんですけど。
速くもう一度見たいです( ◜◡◝ )

で、6話。
6話のゆかりさんで好きなのは、いちかの王子様=あきらさんが女性でさらに自分と同じ高校に通う生徒だと知りながら、自分からは絶対に言わないゆかりさんですかねww
「いちかが傷つく」と言うのは建前で、絶対に「面白い」からだと思いますけどww
特に好きなのが、あきらさんを見にみんなでいちかの部屋にやってきた時の、あきらさんと会話する中学生組の背後で微笑むゆかりさんですかねw
あそこのゆかりさん、あきらさんの声も聴こえてたはずだけどどんな顔して聴いてたんだろうなあと思うと妄想が止まりません( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

その後、キラパティでチョコ作りする時もゆかりさんは姿を表さなかったけど、あの時もわざと隠れていたのかと思うと胸熱ですね。
だってその後みんながビタードに襲われた時は、颯爽と駆けつけて走りながら変身するという荒業を見せつけてたし。
あのタイミングで駆けつけられたってことは、きっと近くで見守ってたんだよね?????
まあ、純粋に見守っていたのか、「面白いことが起きないか」wktkしていたのかどちらなのかは不明ですけどww

…あきゆかも、ここから始まったんだよなあ…(しみじみ

第7話:あきゆかの謎の距離感。

7話は、初めてペコリンたちの背景が描かれたペコリン回でしたね。
この話で好きなのは、ゆかりさんと言うかあきゆかの謎の距離感www
これも放送時に話題になってた気がしますけど。
6話であきらさんが仲間に加わってゆかりさんとのやり取りが期待される中、初回から謎の距離感であきゆか勢を興奮のるつぼに突き落とす罪深い高校生組www

「こいつら…何かある…!!!!!」と誰もが思わずにはいられない、本当に謎の距離感でしたね( ◜◡◝ )
まあこの後の話で、まだお互いに名字にさん付けで呼び合うような関係だと判明するわけですけども、じゃあ7話のこの距離感はなんだったんだって言う。
特に冒頭のあきらさんの「まさか君も、プリキュアだったなんてね」からのやり取り。
あれ完全に出来上がってる距離感だよね…?
なんで7話のあきゆかはあんなに近かったんだろうなー。
とりあえず全員揃ったし一部地域の期待には応えておこう的な配慮…?(どんな配慮なのか

でもこれがあってからの10話で、予想外に初々しいあきゆかにテンション上がったのも事実なので、これはこれで美味しくいただく所存です( ◜◡◝ )

第8話:ゆかりさんがいちかを認めた瞬間。

8話は、キラパティのオープンに絡むドタバタ回でしたね。
思えばこの頃からゆかりさんの謎の存在感というか、「ミステリアス」と言うには少々「面白い」キャラが確立されて来た感がありますよねw
オープニングで、「髪ににおいが付くのが好きじゃないから」と、微笑みながら一人フェードアウトするゆかりさんが大好きです( ◜◡◝ )

あとこの話のゆかりさんで特筆すべきは、やっぱりこの時からいちかに一目置くようになった、ってところですかね。
これまでは単純に「面白い子」って印象扱いだったのが、この話からそこに「尊敬」が入ってきたような気がします。
「期待してるわよ、無謀な店長さん」の台詞と一緒に手作りの泡立て器を渡すシーンなんて、まるで儀式のようだし。
ゆかりさんから「期待してる」なんて台詞を引き出すいちかさんマジいちかさん。

あと、えみるちゃん向けのスイーツを「きらっとひらめいた」いちかが「私達みたいなスイーツを!」って考案した瞬間の、意外とまんざらでもなさそうなゆかりさんの表情が微笑ましくてとても好きです( ◜◡◝ )
仲間に入れてもらって嬉しかったのかなー。可愛いなあゆかりさん。
しかもただの仲間じゃなくて、自分が認めたいちかの、「面白い」って思い始めた仲間たちだもんね。
そりゃ嬉しいだろうなあ( ◜◡◝ )

キャラとしては異色なゆかりさんが、こうやってじわじわと仲間に溶け込んでいく過程は、改めて見返すとなんだか感慨深いですね。
アニメージュ7月号のディレクター陣のインタビューを読むと、今後ゆかりさんのその辺もクローズアップされる回がありそうだし、ゆかりさんがどうやってみんなとの仲を(本当に意味で)深めていくのが、楽しみで仕方ないです。
ゆかりさん、頑張って…!!!!!

第9話:垣間見えるゆかりさんの恋愛観。

9話は、辰巳さんとみどり先生の恋愛を通して垣間見えたゆかりさんの恋愛観が非常に興味深かったです。
印象的な台詞としては、やっぱりみどり先生への告白をしぶる辰巳さんに対しての「デートもしてないの?」ですかね!
この、この恋愛強者感…!!!!!

高2にしてこの台詞って結構アレですよね。
実地経験ありなのか単なる耳年増なのかは判断つきませんけど、少なくともこの時点でのゆかりさんにとっては「デート」は恋愛の初歩の初歩ってことですよね。
なんとなく家柄的にお見合いとか許嫁とか身近にありそうな感じもするし、この時点でのゆかりさんてあんまり恋愛には夢を持っていなさそうな感じが…勝手な印象ですけど。
少なくとも、恋愛は他人のもので、自分の身に起こる出来事としては認識してなさそうな感じがしました。

いやあ、でもまさか、この「デートもしてないの?」の台詞が10話になって効いてくるなんて夢にも思いませんでしたよ( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

第10話:はじまりの音が聴こえる‥!

きたーーーーーーーーーーーー嵐を呼ぶ、実際に嵐を呼んだ第10話!!!!!!!!!!!!!!!w

これはもう完全なあきゆか回と言うか、公式でも「あきらとゆかりがお互いの良さに気づく」とか名言されているくらいだしw
※アニメージュ7月号にて
でもこの10話は本当にそれが全てですよね。
「あきゆかがお互いの良いところに気づいて、認め合う回」。

この話は、ショコマカ二人の変身シーンと言い二人の合体技と言い見どころ満載なんですけど、やっぱり一番はあきらさんの手を握り返すゆかりさんですよね…!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あのシーンもうほんと好き…!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あのシーンさあ、「恋に落ちた瞬間」と言っても過言ではないんじゃない????????
だってあの琴爪ゆかりさんがですよ、あの琴爪ゆかりさんが、自分のポリシーを一旦引っ込めて他人のポリシーを受け入れて歩み寄るって言う、この歴史的事件…!!!!!!!!!
しかもその歩み寄りの表現が、「手を握り返す」+「名前で呼ぶ」って、なにこれ可愛すぎるでしょ…!!!!!!!!!!!!!!!!

9話で「デートもしてないの?」とか言ってた人がすごく丁寧に手を握り返すとかさああああああ、もう可愛すぎるでしょ…ゆかりさん…もうほんとズルい……
あとこの話は、前半と後半とでゆかりさんのあきらさんへの声音の優しさが全然違うところも大好きです。
あきらさんがおばあさんの指輪見つけてきた時の「大丈夫?」の優しさとかもう最高だし、なによりも「思わず出ちゃった」感が最高なんですよねぇ…
ゆかりさんて迂闊な発言はしないように普段から気をつけていそうだし、そんな「不用意な発言はしない」ゆかりさんが「思わず心配しちゃう」ってところがもう最高に最高でして( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
あとこの台詞、二人きりだからこそ言えた台詞ですよね。
中学生組が聴いていたら絶対に言えなかっただろうなあ、ゆかりさん…可愛いなあ( ◜◡◝ )

ゆかりさんのこういう「思わず」をたくさん引き出しちゃうあきらさんはやっぱりさすがなんだよなあ。
あきらさんには今後ともゆかりさんをよろしくお願いしますという気持ちでいっぱいです( ◜◡◝ )

第11話:自分の居場所を見つけたゆかりさん( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

11話は、10話であきゆかの愛の結晶共同作品であるフルーツタルトを引っさげてのスイーツフェスティバル回でした。
この回のメインはいちかとお父さんのやり取りですけど、ゆかりさまファンクラブ勢としてはキラパティに自分の居場所を見つけた感のあるゆかりさんが大変可愛らしくて大変お気に入りの回です( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

当時の感想でも散々書いた気がしますけど、特に冒頭の「ちょっと散歩」のくだりですね。
お店の設営を手伝うんじゃなくて自ら広告塔になってねり歩いてお客を連れてきたゆかりさんに対しても、キラパティのみんなの好意的な反応と、その反応に物凄く満足そうなゆかりさんがもう本当に可愛くて( ◜◡◝ )

16話でリオくんに「(みんなそれぞれ得意なことがあるけど)で、ゆかりさんは?」って煽られた時、「にわか乙!!!!!!11話のゆかりさんの大活躍を見返すがいい!!!!!!!!!!!!!!!」と思ってしまったことは秘密です。
まあジュリオはあの時のゆかりさんの活躍ぶりを知らないからね、仕方ないね。

ゆかりさんがちょっとずつちょっとずつ、キラパティのみんなに歩み寄ることが出来ているのが感じられて、このお話は個人的にすごく好きなお話です。
お父さんの行動に憤るいちかに「親って、そういうものよ」って諭すゆかりさんの優しい声と表情もいいよね、大好きだよね。
ゆかりさんのご両親も今後登場してくれたら嬉しいなあ( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

第12話:ゆかりさんの嗅覚。

12話のゆかりさんは、本編よりも11話での予告でリオくんをライバル視するゆかりさんが素敵でしたね( ◜◡◝ )
でも今にして思うと、あれもゆかりさんが最初からリオくんに対して懐疑的だったことの伏線だったのかなあ。
12話でいちかが初めてキラパティにリオくんを連れてきた時から、ちょっと怪しんでる感じでしたもんね。

どうしてゆかりさんは最初からリオくんを疑ってたんでしょうかね?
単にいちかさんが男の子連れてきたから気に入らないとかそういう
つか改めて観返してみると、この時の戦闘シーンからすでにジュリオ対マカロンさんの構図がありますもんね。
リオくんの何がゆかりさんのセンサーに引っかかったのかなー。
ビブリーも早速正体を見破っていたけど、あっちはゆかりさんセンサーではなくファンクラブ勢の調査結果からでしたもんね。
ジュリオとビブリー、一体どこで差がついたのか…慢心、環境の以下略。

第13話:プリアラチームがお互いを理解するための2回目の個人回の始まり。

13話はひまりんの個人回第二回で。
先になかよしの漫画版で似たようなお話があって、その時はひまりんを導いていくのがゆかりさんだったんでアニメもそういうお話かなあと思っていたら残念ながらそんなことはなく。
ゆかりさんの出番は全体的に控えめでしたけど、CM開けのあきらさんとの「キラパティへ」「ようこそ」の夫婦感はすごくすごく好きです( ◜◡◝ )
あそこのおじさんの「お姉さんたちの登場か」って台詞もいいよね( ◜◡◝ )
ゆかりさんがちゃんとキラパティの一員として認識されてるってことだもんね( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

あと観返していて思ったのが、やっぱり2回めの個人回はみんなが「何を大切にしているか」を爆発させる場だったんだなあと…でもってメンバーがそれを聴いて、それぞれの新たな一面を知る機会だったんだなあと…それを思うと16話…やっぱり16話のゆかりさんさあ……!!!!!!!!!!!!!!!!!!

第14話:あおちゃんと似てるようで真逆の立場にいるゆかりさんの悩み…?

すみません取り乱しました。
16話のことはまたそこで語るとして、次は14話のあおちゃんお嬢様発覚回。
改めて見返すとこの回のゆかりさんは、台詞一つとっても、言動のすべてが16話の布石のような気がしてなりません。
特に、あおちゃんのお家に対する

「どんな家庭にもそれぞれ事情があるものよ」
「あおいの家には自由にならないことが多いのかも知れないわ」

この台詞なー。
16話を見た後だと、より一層感慨深いと言うか…やっぱりゆかりさんは自分の家のことを考えながらこの台詞を口にしたのかなあ。
現時点でわかっている琴爪家の「家庭の事情」としては、ゆかりさんに対して「自由に生きろ」と言う教育方針で、ある意味あおちゃんとは真逆であおちゃんからしたら夢のような環境なんだろうけど、それでもそれがゆかりさんにとって本当に「自由」かどうかは分からないんですよねぇ。

16話の感じからして、ゆかりさんはこの「自由」って言葉に逆に縛られちゃってるのかなあという印象です。
「自由」の中から「好き」を「選ぶ」ことに対する「責任」の重さを感じちゃってるのかな。
アニメージュ7月号でも「一つを選べない人生?」とか書かれちゃってましたもんね。
そこだけ聴くとものすごーーーーーく贅沢な悩みなんだろうけど、だからこそまだみんなには言えないのかなーとか考えるともう…うっ、ゆかりさん…ゆかりさん…ゆかりさーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!!!!!!(妄想爆発)

第15話:成長するあきゆか

さあ、そろそろ「各話のゆかりさんの好きなシーン」というよりは「琴爪ゆかりさんへの妄想」的文章になってきましたけども(今更感

15話は!!!!!!!!!!!!!!10話に続く濃厚なあきゆか回で!!!!!!!!!!!!!!!!
なんと言ってもやっぱり見どころはアレですよ、あきらさんの手を取れずに手首をとっちゃうゆかりさんのいじらしさと可愛らしさ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あのゆかりさんほんと可愛くて…大好き……( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
あれだよね、10話はあきらさんの方から手をつないでくれたからゆかりさんも握り返すことができたんだよね。
そこからさらに歩み寄ったゆかりさんのファーストステップが「手首握り」とか、なにそれ可愛すぎない?????????

当時の感想でも散々書いた着たしますけど、この回のゆかりさんのあきらさんの対する声音がほんとに優しくて、10話以降ゆかりさんがあきらさんのことも大事にしてるんだなーってのが感じられてすごくすごく嬉しかったです。
あとさあ、ゆかりさんがあきらさんにそういう優しい声で話すタイミング、絶対二人きりの時ってのが、ほんとにズルいと思うんですよ…
特に公園でのシーンのあの声の優しさと表情、あんなの中学生組の前じゃ絶対出さないじゃん…!!!!!!!!!!!!!!
しかもあきらさんの方はそんなことに気がついてなさそうなところがまたさ~~~~~~~ゆかりさんのいじらしさが際立つと言うかさ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!
でも気づいてないのは「二人の時だけ」ってとこで、ゆかりさんの声音が優しいことにはちゃんと気がついてくれてそうなあきらさんがとても好きです。

あきゆかはこういうとこほんとズルいと思います。ズルい。ズルすぎる。いいぞもっとやってくださいお願いします!!!!!!!!!!!!!

第16話:一人だけでも輝けるゆかりさん。でも…!!!!!

はい。16話です。
ゆかりさん2回めの個人回となる16話。
「琴爪ゆかり」の圧倒的な強さと圧倒的な底知れなさを見せつけた恐ろしい回でしたね……
この回のゆかりさんの「好きなシーン」なんて、一つに絞るには無理すぎるというか、この回のゆかりさんはほんとに底が知れなさすぎてそもそもどのゆかりさんが本当のゆかりさんなのか未だに分からないと言うか……
この回は、観るとどうしても身構えちゃうんですよねぇ。
だからこそ、いちかさんにはゆかりさんと同じく私も救われるんですけど。

ここまで観返してみて改めて思うのが、やっぱり2回めの個人回は各キャラが「何を大切に思っているか」をお互いに認め合うための回だったんだなあと。
ひまりんはスイーツの知識に興味を持ってくれた女の子、あおちゃんは水蔦さんと言う家族、あきらさんはみくちゃん。
で、じゃあゆかりさんは…?!ってなったところで、まさかの「該当者ナシ」………!!!!!!!!!!!!!!
そこだけ取り出すと寂しい結果のような気もするけど、でもそれが今のゆかりさんなんですよね。
「誰もいない」んじゃなくて、ゆかりさんが「好き」を「選べていない」だけなんですよね、きっと。
ゆかりさんにだって好きなものはたくさんあるのに、それを「選ぶ」ことに躊躇してるだけなんじゃないかなあと勝手に思っています。
でもって、その「選べない」ことをまだみんなにさらけ出すことは出来ないんだなあ、とも。

ゆかりさんの「いいところに来てくれたわね」は、やっぱりそういう意味だったんだろうなあ。
みんなにはまだ素直に言えない本音をみんなに聴かれなかったのが「いいところに」だなんて……なんだよそれ切なすぎる…!!!!!切なすぎるよゆかりさん…!!!!!!!!!!!!!!!!

そう考えると、今のところゆかりさんのむき出しの本音を知っているのがジュリオくんだけというこの皮肉…!!!!!!!
そういうところ似てそうだから、やっぱりゆかりさんとジュリオくんって良い姉弟になれるんじゃないかなって思うんですよね。
お互いに弱いところを突き合って、お互いに「お前にだけは言われたくない」って思ってればいいと思います( ◜◡◝ )

16話での、誰の力も借りずに光り輝くマカロンさんも素敵だけど、いつか、みんなの力を借りてより一層輝きを増したゆかりさんが見られることを願ってやみません。
プリアラならいつか絶対にやってくれると信じてる!!!!!

第17話:マカロンさんはまごうことなき「キュアマカロン」に。

さあ、ようやく17話です。
16話でゆかりさんに精神的フルボッコされたジュリオくんが、ついにいちかに牙をむく回。
この回はなんといっても、いちか不在のプリアラチームを先導するゆかりさんの姿が最高過ぎて…!!!!!!!!!
感想でも書いたんですけど、いちかがいなくてもちゃんとプリキュアであることを選んでくれたゆかりさんの姿が本当に胸熱でした。
ゆかりさんはちゃんと「好き」を選べるようになってるんだよ…ちょっとずつだけど前に進んでるんだよ…!!!!!!!
まだみんなには言えないけど!!!!それでも!!!!!自分で選べるようになてるんだよーーーーー!!!!!!!!!!!!!!(妄想爆発

傷ついたみんなのところに現れた、復活したホイップの姿を見上げるマカロンさんの横顔がすごくすごく好きでして…
ゆかりさん、嬉しかっただろうなあ。
いちかの存在がみんなの支えになっていることを実感したお話でしたね。

第18話:ゆかりさんの「それは夢よ」の声で起こされ隊。

つ、ついに18話…ここまで長かった……
てか、こうして振り返ると、プリアラも1話1話が本当に濃いですね。
主メンバー5人がみんな個性的なのにちゃんとまとまっていて、本当にいいチームだなあと思います。
ここまで5人でチームとしてまとまってきて、ここに追加戦士であるパルフェさんが入ってきたら一体どんなチームになるのか、そしてゆかりさんは今後どんな風にプリアラチームと一緒にいるのか、今後も楽しみは尽きないです。

18話では、キラパティのピンチにファンクラブを使って探偵業を営むゆかりさんの姿がw
割りと手段を選ばない感じなのが、逆にゆかりさんにとってキラパティの存在が大きくなってることの証拠のような気がします。
今やゆかりさんにとって、キラパティって大事な場所なんだろうなあ。
でもって、そんなキラパティの危機にファンクラブのみんなに協力を頼むって、その時点でもう「キラパティが好き」っことを選んでるんだと思うんですよね。
ファンクラブのみんなもゆかりさんに頼ってもらえて嬉しかったんじゃないかなあ。

うん。
やっぱり「好き」を選べるようになってるよゆかりさん。
大丈夫、大丈夫だよ…!!!!!!!!!!!!!!!
あとはこの「好き」の気持ちを、もっとみんなの前でもさらけ出せるようになったら素敵ですね。
そんなゆかりさんの姿を期待しています!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まとめ:ゆかりさんの17歳が素敵な1年になりますように!!!!!!!!!!!!!!!!!

という訳で。
いつもながらだらっだらとゆかりさんへの妄想を垂れ流してきましたけども、まとめるととにかく「琴爪ゆかりさんお誕生日おめでとうございます」ってことで!!!!!!!!!!!!!!!
ゆかりさんのこの1年が、よりいっそう素晴らしい1年になることを願ってやみません。
願わくば、プリアラのみんなと素敵な1年を過ごせますように( ◜◡◝ )

藤田さんも早速ブログでお祝いしてくれてましたね!

ゆかり誕生日おめでとう | 藤田咲の電子庭園☆~さっきぃのおはなばたけ~
http://yaplog.jp/saki-ohana/archive/6319

安定の森さんとのいちゃいちゃはとりあえず置いておいてw
ゆかりさんに対する藤田さんのメッセージ、感慨深いなあ……
中の人としてもこれだけの愛着があるキャラってことですよね。ありがたいことです。
ファンとしては藤田さんももちろんゆかりさんを構成する要素の一つなので、藤田さんにも素敵なキャラに育ててくれた感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます、そしてこれからもゆかりさんをよろしくお願いします。

琴爪ゆかりさん、お誕生日本当におめでとうございます!!!!!!!!!!!!!!!
ゆかりさんの前途に幸多からんことを!!!!!!!!!!!!!!!!!
あきらさんと幸せになってください!!!!!!!!!!!!!!!!!(どさくさ

それでは、また!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!