こんばんは、しらきです。
藤田さんと森さんのインタビューが載ったオトメディア10月号、買いましたそして読みました!!!!!
今回は対談ではなく個別のインタビューと言うかたちで、ここ最近のあきゆかに対してのそれぞれの思いをじっくりと読むことができてすごく良かったです。
プリアラはこういう機会が多くて本当にありがたいなあ。

オトメディア様ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!

オトメディア10月号のテーマは「秋の夜のバカ騒ぎ」らしいですけど、「あきゆかの『バカ』とは…?」と考えて、すぐに「ああ、『バカップル』の『バカ』」か( ◜◡◝ )」と思い至りました( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
まさにあきゆかのためにあるようなテーマ!!!!!!!!!!!!!!!!ありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!(前向きな思考

これさあ…多分誰もが思ったと思うけど……あきらさんの左手…どこ行った?(鋭い眼光
右手はジャケットのポケットに入れちゃってるけどさあ、これ左手はどうせゆかりさんに添えてるんでしょ????そうなんでしょ???????????????
どこにとは言わない!!!!!!どこにとは言わないけども!!!!!!!!!!!!!!!

……あ、でも本編の進み具合によってあきらさんの左手の位置が変わっていくとか妄想すると捗るかも。
例えば…

話数 左手の位置 あきらさんのようす
1話 左手もポケット 「琴爪さん」
10話 ポケットから出す 「ゆかり」
16話 ゆかりさんの背中 「なんか心配」
25話 ゆかりさんの腰 「私が守る&独占欲」
29話 ゆかりさんの肩 「余裕の出てきた王子」

うむ、これだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

……妄想は自由ってことで。

森さんと藤田さんの相乗効果

はい。
インタビューの感想よりも先にピンナップからの妄想が先行しまくりましたけど。
今回のインタビューで印象に残っているお話はたくさんあるんですが、実は一番印象深かったのは森さんのインタビューでの、藤田さんとのアフレコに対してのお言葉だったり。

引用元:オトメディア2017年10月号 P33

–第25話、第29話> と、あきらとゆかりの気持ちがより近づくエピソードが続きましたが、この一連のエピソードを通して思ったことをお教えください。

(中略)
収録前に「こう気持ちが動くだろう」と予測を立てて収録に臨んでも、現場で実際に咲姉演じる「ゆかり/キュアマカロン」と会話すると、予想もしなかったところで心が動くことがままありまして。

これ…!!!!!!!!!!!!
実は森さんて Febri Vol.43 の座談会でも同じようなこと言ってくれてるんですよね。

引用元:Febri Vol.43 P17

– 演じていく中で、手応えを感じたエピソードはどこでしたか?
(中略)

(中略)
あとは咲姉とまったく同じになってしまうんですが、第25話。あまり何も考えずに演じ切ることが出来たというか、咲姉にぐいぐい引っ張ってもらえて、すごく楽しかったです。ほとんど台本を見なくても、セリフがスルッと出てきたりとか。

これーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これ、Febri読んだ時もすごくすごく嬉しかったんですけど、今回オトメディアでも言及してくれていて、森さんよっぽど楽しかったんだなって嬉しくなりました( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

Febriは↑の後の森さんの発言も微笑ましくて好きなんですよねぇ( ◜◡◝ )

あまりに楽しかったので、収録が終わった後、つい咲姉に「楽しかったよ」ってLINEしちゃいました。普段はそういうこと全然やらないんですけど(笑)

これなーーーーー( ◜◡◝ )
ついついLINEしちゃう森さん可愛すぎるでしょw
森さんのこういうとこやっぱり犬っぽいよなあと( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
本当に森さんにとって楽しい収録だったんだろうなあ。

で。
森さんのこの発言の何が嬉しいって、森さんと言う役者さんをそこまで楽しくさせてしまう藤田さんやっぱり凄いなってことですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ドヤァアアアアア
…はい。
やっぱり藤田さんのオタクですからね、推しが良い仕事してたらそりゃ誇らしいし嬉しいです( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

だって25話のあきらさんと言えば、ゆかりさんが本音を吐露するシーンでの「それから?」とか、色んな意味でヤバイお芝居の連発だったじゃないですか。
そのお芝居が、藤田さんとの相乗効果で生まれたものだなんて…!!!!!!!ぎゃー高まりすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!
こういう、「この人と一緒だからこの仕事が出来た」って凄いことだと思うんですよ。
なんだろう、プロの犯行…プロの業と言うか。
そう!!!!!!これぞマカロナージュってやつですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!多分!!!!!!!!!!!!!!
森さんと藤田さんのマカロナージュ!!!!!!!!!!!!!!!!(言いたかっただけ

森さんのインタビューを読んで、やっぱりお芝居ってナマモノなんだなあと言うか、現場での空気とか熱量とかそういうのがあって生まれるものなんだなあとしみじみ感じました。
凄いなあ、声優さんってやっぱり凄い。
あきらさんが森さんで、ゆかりさんが藤田さんだからこそ出来た25話で29話だったんだな~~~~~~~~~~~~~~と、改めてプリアラのありがたみを噛み締めました。
もちろんお二人以外のキャストさんもそうだと思いますけど。
ありがたいなあ……

でもってそういう感想を「楽しかった」ってちゃんと言葉にしてくれる森さん本当にありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いやあ本当にあれですよ、「熱い思いを伝えなきゃ」ですよね( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )
やっぱりマカロナージュだ( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

藤田さんのインタビューは今回も読み応え充分で最高でした!!!!!

藤田さんのインタビューは、ブログで藤田さん自身が「熱量高く語ってますので」と書いていた通り、熱い熱いインタビューですごく読み応えがあって良かったです。
森さんのインタビュー読み終えてページめくった瞬間、文字の詰まり具合に変な声出たw
このインタビューって、読んだ感じなんとなく対話形式じゃなくてアンケート形式っぽいから、質問項目だけ渡されて回答を提出とかそんな感じだったのかな。
紙での回答だとしたら、藤田さんの用紙はもうめっちゃびっしり記入してあったんだろうなあ…

そう、この藤田さんの回答のびっしり具合が、このあいだのアニ雑団の2枚目のフリップを思い出させてにっこりしたよね( ◜◡◝ )

この詰め込み具合。
この詰め込み具合。

これこれ。この情報量……
藤田さんのこういう、質問とかアンケートとかに対してすごく真面目に真摯に回答してくれるところすごくすごく好きなんですよね。
そう言えば、「ファミ通ゲーマーズDX #42」にゲスト出演した時も、ゲームについてのアンケート用紙にびっしり記入してて鈴村さんとかが驚いていた気がするし。
やっぱり真面目な人なんだなあ……(好き)

おかげで今回も、各話のゆかりさんについて藤田さんがどう感じていたのか、どう思いながら演じていたのかを知ることができてすごく嬉しかったです。
特に25話~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!
25話に関しては Febri でも色々と語ってくれてましたけど、Febri は座談会だったから他の方のお話もあったりしましたもんね。
今回はインタビュー形式だからか、よりじっくりとお話が聴けた感があって嬉しかったです。

で、読んでいて印象的だったのが、藤田さんて Febri でご本人が言ってた通り、本当に「論理的に」演じる声優さんなんだなあと。
「()キャラクターは)きっとこういう性格でこの時はこういう気持ちだろうからこういう演技にした」って、これだけ具体的な言葉で説明できるのって凄いなあと思うんですよね。
反対に、森さんはインタビュー内容からすると感覚で演じる方っぽいですよね。
話戻りますけど、そんな正反対の演じ方するお二人の相乗効果で25話とか29話のあきゆかが生まれたのだと思うと…声優さんってやっぱり凄いなって(結論そこ)

しかも、藤田さんが「こう演じた」って説明してる内容が、25話とか29話視聴時に抱いていた感想と確かに重なる部分があって、演じた通りの感想を抱かせてしまう声優さんってやっぱりすげぇえええええええええええええ!!!!!!!!!!!ってなりました。
まあ自分が単純なだけかもですけど( ◜◡◝ )

いや、でも今回のオトメディアの感想はそれに尽きる気がします。
声優さんって凄い。キャラクターってこうやって出来上がっていくんだなあ。
もちろん声優さん以外のスタッフさんの力もあってこそですけど。
改めて、すごい職業だなあと思いました。

藤田さんのインタビューから妄想する29話のゆかりさんの「面白いわ」について。

藤田さんのインタビューは、毎回ゆかりさんについて新しい発見をさせてくれるのでとても楽しみにしているんですが、今回も色々と「なるほどなあ」と思うところがたくさんありました。
一番印象深かったのが、29話のゆかりさんに対しての藤田さんのお話。
エリシオに自分の映った鏡を出されて「怖いのですか、自分の心が」って煽られた時のゆかりさんについて。

引用元:オトメディア 2017年10月号 P34

(藤田さん)
ゆかりの強さって、自分のよくないところやダメなところを「認める」ことが出来るところだと思うんです。今まで本当の自分をさらけ出せなかった故にフタをし続けてきた「寂しい」という感情が、あきらやいちかたちと出会えたことで噴き出してしまい、そこをエリシオに狙われたわけですが、彼女自身それは克服すべき部分だと思っていたはずなんです。だからエリシオに挑発されつつもあえて自分の心に挑みにいった。

これなー。
特に最後の、「エリシオに挑発されつつもあえて自分の心に挑みにいった」の部分。
29話を観た時に、確かにエリシオさんの挑発にあえて乗ってるんだなとは感じていたんですが、その理由として「自分の弱点を克服するため」だとは思い至っていなかったので、藤田さんの↑の回答を読んで「なるほど!!!」ってなりました。

あの時のゆかりさんの「面白いわ」って台詞と不敵な微笑みを見て、16話でジュリオくんに同じ様に煽られた時の「違うわよ。面白くて」の台詞と微笑みを思い出したんですよね。
「面白いわ」ってゆかりさんの決め台詞の一つだけど、敵に対して言う「面白い」にはもしかして普段の「面白い」とは違う意味があって、そういう意味で29話と16話の「面白いわ」には、もしかしたら同じ気持ちが込められていたのかなと。
でも何が同じなのか、どういう気持ちが込められていたのかまで分からなくて、ずっともやもやしていたんですけど、ようやく合点がいきました。
最初は単純に「敵に弱いところを突かれたことを隠すための『面白いわ』」なのかなーと思っていたんですけど。
まさかその「弱いところ」を「克服する」ことに対する「面白いわ」だったなんて…!!!!!!!!!!!!!!!!!
くっそう琴爪ゆかりさんやっぱりめっっっっっっっっちゃカッコいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
しかも29話ではきっちり克服してほんとの私デビューしてそのままあきらさんに胸に飛び込んじゃったりするわけでさ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

ああ、やっぱりゆかりさんってカッコいいなあ……
5話で鮮烈な登場して、10話であきら呼び+手つなぎで界隈に嵐を巻き起こし、16話で強すぎる信念を見せつけつつも淋しげな表情を垣間見せ、25話であきらさんにだけ本音を爆発させて救ってもらい、29話ではついに自分と向き合って長年くすぶっていた弱点を克服して完全体になってしまうゆかりさん…!!!!!!!!!!!!!!!!

こうして考えると、ものすごく着実にステップ踏んで29話まで来てるんですよね。
でもって、30話ではあきらさんへの圧倒的嫁感を見せつけるという余裕ぶりまで披露ww
これ、藤田さんのインタビューの中でもすごく好きですww
「申し訳ないくらい嫁感を出しまくりました」ってw
別に申し訳なさを感じる必要はないと思うんだ!!!!!!!!!!!!!!だって嫁だから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今後の琴爪ゆかりさん。

なんだか、ゆかりさんについては29話で一段落を迎えてしまった感があるので、残りの半年でゆかりさんがさらにどんな変化を遂げるのか、妄想は広がりまくるし、今から楽しみでしょうがないです。
やっぱりあとは、将来についてかなあ。
高校生だし、中学生組とは違う意味で具体的な将来について考えたりするのかな。
自分の可能性に気がついてしまった琴爪ゆかりさんなんて、きっと将来の選択肢なんていくらでもあるよなあ。
10月の映画でも、その辺についてちょっと触れてくれたりしないかなーと期待してたりします。

将来という意味で気になるのは、貝澤Dの言及されていた「その個々人の幸せ、進むべき道のなかに、はたして「キラパティ」が存在するのかしないのか……。」ですね。
ぐうう、めっちゃ気になる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

とにかく、今後もどんどん成長していくであろうゆかりさんの御姿を楽しみにしています!!!!!!!!!!!!!!!

10月の劇場版も楽しみです( ◜◡◝ )

そう、オトメディアに劇場版のこともちらっと書いてありましたけど。
なんと「社交場」のシーンがあるらしいじゃないですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!
夢にまで見たゆかりさんとあおちゃんが二人して社交界を牛耳っちゃう展開クルーーーーーーーーーーーーーーーーー?!?!?!(多分こない
まあそんな展開はなくても、あおちゃんには是非ここぞとばかりに素敵なレディっぷりを見せつけていただきたい所存。
で、14話みたいにゆかりさんににこやかにつっこまれて「目が笑ってる!」ってまた怒って欲しい( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

ゆかりさんは海外とか行ったことあるのかなー。
英語は堪能なようだし、頻繁に行っていても不思議じゃないな。
あと、ゆかりさんの家族がまだしのさんしか登場してなくてご両親が出てきていないけど、もしかすると海外勤務で普段日本にいないとかそういう展開もありだよなーとか妄想したりしてます。
まあ、両親が登場していないのは別にゆかりさんだけじゃないんですけど。
妄想するのは自由、ってことで( ◜◡◝ )

あと、記事読んで驚いたのが、今回ミラクルサクライト…じゃなくてミラクル☆キラキラルライト、これ大人ももらえるそうじゃないですかやったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!
春映画のミラクルサクライトは、ドリームナイトの時に特典としてもらえたので大事に大事にしてるんですけど、秋映画はまさか大人ももらえるなんて!!!!!!!!!!!!!!!!!!
もしかして毎年秋映画は大人ももらえる…とかだったりするのかな。どうなんだろ。

10月の劇場版もまだまだ咲…先だと思っていたけど、もうあと一ヶ月なんですよねぇ。
って、その前にプリアラライブがあるわけだけど…
ううう、楽しみだけど怖い!!!!!!!!!!!!!!!
だって始まったら終わっちゃう!!!!!!!!!!!!!
楽しい時間はあっという間で!!!!!!!!!!!!!!!
今来たばっかりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!(錯乱

…取り乱しました。
とりあえず、今目の前にあるプリアラと藤田さんを大事にして生きていこうとしみじみ思っています。
今週末は観艦式だし!!!!!!!!!!!!
艦これ夏イベで念願のウォーさんとつぺさんに邂逅できたさっきぃ提督の口がいかほど滑らかなのか、今から楽しみにしています( ◜◡◝ )

それでは、また!!!!!